バナースタンドの使い方

バナースタンドの有効的な使い方

バナースタンドといえば、記者会見やインタビューの背景に使われているものというイメージがありますが、実はお手頃価格で簡単に作れます。サイズも大きなものから1mくらいのコンパクトなものなど、様々な種類があります。
今回は、バナースタンドの有効的な活用方法についてご紹介します。

店先の看板代わりに

バナースタンドはテレビでよく見る大きなものだけでなく、店先でよく使われるのぼりくらいの小さななサイズのものもあります。設置も簡単で、ロールアップ式のバナースタンドは広告面を巻き取りコンパクトに収納することができます。土台や骨組みがしっかりとしたタイプのバナースタンドもあり、外に置いてのぼりや看板代わりに使うこともできます。
バナースタンドはフルカラー印刷で、自分の好きなデザインで簡単に入稿、注文することができるという利点があります。値段も一般的な看板よりお手頃価格で、バナーが汚れたり内容を変えたいという場合はスクリーンだけ変えることができる気軽さがあります。
お手頃価格で気軽に使えるバナースタンドは、店先の看板代わりにオススメです。

新商品のプロモーションや広告に

バナースタンドの利点の一つに安さがあげられます。シンプルで簡易な作りのバナースタンドであれば、安いところでは2千円代から作ることができます。注文もインターネットを使って簡単にできる業者が多く、作成も約一週間と短期間で作ることができます。
このように安くて速く作ることができるバナースタンドは、新商品のプロモーションや販売促進の広告に使いやすいアイテムです。
店頭販売で新商品をアピールしたい場合、小さな広告では目に付きにくいですが、店先や商品の周りに大きなバナースタンドを置くことで、消費者の意識を向けることができます。
新商品だけでなく、セール中の看板にもバナースタンドは使えます。収納しやすいタイプのものにしておけば何回でも使えるので、販売促進アイテムにバナースタンドを使ってみてはいかがでしょうか。

イベントや展示会場に

記者会見やインタビューで使われる大きなタイプのバナースタンドは、実は誰でも簡単に作ることができます。印刷したい内容をこちら側で作り、業者に依頼をするだけで作ることができます。
看板より安く、スクリーンに印刷するだけという手軽さは、バナースタンドの利点と言えます。
このような大きなバナースタンドは、イベントや展示会場の案内に使うことができます。大きなスクリーンの中に様々な情報を入れることができるので、イベント内容の案内や地図など、大きな会場でも活躍してくれます。
バナースタンドは骨組みを作ってスクリーンを貼り付けるだけの簡単設置という手軽さもあります。キャスター付きのものや専用の収納バック付きのものがあるので、気軽に持ち運びができます。